研究室

鬼努力してシャッドを練習した結果、ドン引きするくらい釣れるようになったシャッドの使い方。

シャッドの圧倒的を体実釣性能を体感したいと熱望する。
ボクが鬼努力して習得したシャッドの使い方を公開します

コンニチハ!

バス釣り大学のYoU太郎です。

YoU太郎は数年前、1年間シャッドのみでバス釣りをするというストイックなチャレンジをしておりました。

なぜシャッドだったのかというと、単純にシャッドが好きだからです。笑

それと、トーナメントでウイニングルアーになるので、間違いなく実釣性能が高いだろうと思っていたからです。

実際にシャッド生活をしていると大変なことばかりでしたが、だんだんと『釣果』という形で結果が表れてきました。

確か、シャッド1年生活は期間は2017年冬~2019年春まで。

最初はマジで釣れませんでしたよ...

シャッドって冬使うもんだろ?なんで釣れねぇの?って思考停止状態です。

そんな状態から、今ではシャッドは必ずボックスに入れるというか、シャッド専用BOXを必ず持ち歩くくらいまでシャッドを信頼するようになってしまいました。

この記事の最後まで読むことで、シャッドを使って釣るためのヒントがかなり見つかるかと思います。

今回は、【シャッド全く釣れねぇじゃん】→【シャッド持ってないと不安だ】という思考になるまでの物語です。

その模様を赤裸々にお伝えしたいと思います。

そして、シャッドを使いこなせるようになるとバス釣りの難易度が少し下がるのでオススメです。

たくさんのシャッドを買いそろえた。

そりゃもう手に入る国産のシャッドはほとんど買って試しました。

ちなみに、この写真のシャッドはほんの一部です。

釣り場に持っていくシャッドはオカッパリ用ボックスやボート用ボックスに入っていますし、廃盤になったシャッドは資料として箱から出していないものもあります。

生産量が少ないシャッドも同様に箱から出していないものがたくさん部屋にしまってあります。笑

よく使うシャッドは壊れたりロストする可能性が高いのでストックを持っておくようにしています…

いったいいくらシャッドにお金をかけてるんだ…笑

さて、この中のどれが自分と相性のいいシャッドか?

どのシャッドを基準にボックスの構成を考えようか?

シャッド1年生活を始めるとき、そんなわくわくを抑えきれなかったのを今でも覚えてます。

巻きシャッドが釣れるんだろ?

シャッドの使い方はあらかた調べました。

本当に様々な使い方があります。

これだけ使い込んだから現在でYouTubeなどを見ただけで『このプロの使い方は”アレ”を狙ってるんだなぁ』とかパターンを予想することができるようになりました。

ボクが情報収集して、実際にシャッドを使い込んだシャッドマニュアルを記事にしましたので、ご一読くださいネ(*´ω`*)

シャッド1年生活始めた当初、情報を取り入れすぎて逆にどんどん迷走したのが正直な話ですね

当時、パブロシャッドが発売するかどうかってタイミングで、山木プロが早巻きで使うといいんだよってTVでやってたのを見てボクは『早巻き信者』となるのでした。

早く巻いたほうがいいんでしょ?

山木プロの当時のシャッドの使い方の解説では、早く巻いてる俺かっこいいだろ?とでも言わんばかりに早巻き押しでした。

実際に山木プロはそれでバンバン釣りますし。

早ければ早いほうがバスを騙せると思ったボクは、リールから火が出るくらい早く巻き増した。

結果的に釣れず、どんどんドツボにはまっていきます。

中層で巻くのが正解なんでしょ?

おそらく、シャッド生活を始めてから7割くらいはマジで釣れなかった時期だったと記憶があります。

当時、仕事で資格試験にむけて勉強していたっていうのと、第一子誕生とが重なってなかなか釣りに行けなかったことを差し引いても釣れない期間が長かったと記憶しています。

そこで、いろいろとネット情報を駆使してシャッドに関するノウハウを頭に叩き込みました。

その中でも印象的だったのは、シャッドを『中層で使う』とか、『バスの目線よりちょい上を通す』って言葉でした。

正直、中層ってなんだよ?ボトムから1mmでも離れたらそれは中層だよな?

こんな状態でした。

スマホでシャッドの使い方を検索しては、あいまいなことしかネットには書いてないなって落胆した記憶しかありません。

実際にボトムにつけないように巻く工夫をしたり、潜行深度が浅いシャッドをで1日やりきってみたり...

マジで試行錯誤の時期でしたね。

なぜ釣れないんだ...

なにをやっても釣れないんですよ。

トホホですよ

いや、ポロポロ釣果はあるんですよ?

でも、釣れ方が自分のイメージとシンクロせず、なんでバスが釣れたのかわからないモヤモヤした状態です。

何かを掴んだ。それは別のルアー…

そんな状態でマジで釣れない期間が続いたので、シャッドしか使わないってルールをやぶって一度だけスピナーベイトを使った時があります。

ちなみに、シャッド1年生活をやる数年前にスピナベ1年生活をやったことがありました。笑

なので、スピナベが活躍するタイミングを見定めて投入です。

すると同じ場所であっさり釣れるんですよね。

な・ん・で・だ?

苛立ちすら覚えました。笑

そこで、ボクは一度気持ちを改め、ハードベイトで釣るための極意は何なんだ?ってとこから再スタートすることを決めました。

中でもクランクベイトやスピナーベイトでバスを反応させる方法なんかが参考になったと記憶しています。

いわゆるハードベイトの基礎基本的な奴です。

そういうハードベイトを扱う上での基礎基本を疎かにしていたなぁ…なんて2018年の秋口くらいに気付いたような記憶があります…笑

その極意とは?

たとえば、自動車の教習所で習ったことを思い出してほしいんですが、事故を起こさないために理解しなければならない3つの要素って何だったか覚えてます?

それは...

極意

  1. 認知
  2. 判断
  3. 行動

です。

ハードベイトを扱う上での極意は自動車教習所で徹底的に学習したはずだったのに

シャッドのことになるとどうもこう…視野がせまくなるようですっかり忘れておりました。

このことは、1年間スピナベ生活のときに見たDVDで勉強したことでした。

これをシャッドに当てはめて考えていきます。

認知

認知はバスにルアーの存在を気付かせることです。

そもそもバスにルアーの存在を気付いてもらえなければ勝負は始まりません。

そもそもシャッドはあまりアピール力の高いルアーじゃないため、バスに『認知』してもらうと考えることが他のハードルアーに比べて少しシビアに考えなければいけなかったんですね。

ボクは普段クリアウォーターで釣りをしているので、『認知』についてあまり考えなくてもバスはルアーを簡単に発見できるでしょ!と。

少し甘く考えていました。

そこでいろいろ考えなおした結果、『どうやって認知させるか』を深く考えるようになりました。

判断

判断は、バスがルアーを食べちゃおっかな?どうしようかなって判断すること。

偽物ってばれてしまってはなかなか食べてもらえないので、偽物ってばれないようにする工夫が必要ってことです。

シャッド自体、非常にベイトフィッシュライクなフォルムをしているため、バスに見つけてもらえば簡単に口を使うだろうと…

完全に舐めてました。笑

あくまでもハードベイトなので、生み出す波動も動きも見え方もバスからしたら完全に『偽物』なんですよね。

偽物でどうやって騙すかというハードベイトの基本的な考えを再度見直すいい機会だったと記憶しています。

行動

行動は実際にルアーを口で咥えたり、口の中に吸い込むこと。

バスの活性に対してシャッドの泳ぎが早すぎると追いつけづに食べてもらえませんが、遅すぎても見切られます。

バスに実際に口を使ってもらえるようどうやって誘いを入れるのか?どうやってバスの目の前に入れ込むのか?

そのための立ち位置、トレースコース、潜行角度をシンクロさせることで、バスはシャッドに初めて口を使うのだと改めて気づかされたんです。

開眼のキッカケはサイト

シャッドプラグ開眼のキッカケは河口湖でのサイトフィッシングでした。

確かGWの次の週だったと思います。

朝からシャローに残ったアフターバスを狙ってランガンしてましたが、なかなか食べてらえず、ことごとくダメでした。

そこで、リアクションサイトを試みます。

要は、見つけたバスの進行方向にシャッドを投げ、バスの通り道にある障害物にシャッドを隠しておきます。

そして、バスが通りかかったときにパッとシャッドを飛び出させ、ビックリしたバスに口を使わせるってテクニックです。

朝からいろいろな角度からシャッドのサイトを試みていたんですが、この1匹で開眼したって思いました。

バスに接近するまでシャッドの存在に気付かれては警戒されるし、驚く距離感でシャッドを飛び出させなければなりません。

キャストテクニックだったり、バスの動きから回遊ルートの予測だったり、シャッドを使いこなすテクニックすべてがシンクロしたときにバスが釣れると。

そう思いました。

つまり、シャッドはハードルアーだったってことです。

基本に立ち返る

その後は気が狂ったようにシャッドを使いました。

なんか迷いがなくなったというか、使い方がわかったからあとは精度を高めるだけって気がして、シャッドに対するネガティブな印象は皆無でした。

基本はやっぱりゆっくりですね。

ボトムをとって、ゆっくり丁寧にズル引きするようにボトムを感じながら探ってくることです。

ハードルアーの極意を意識しながら、バスの口を開く感情をどうやって刺激するのかイメージしながら巻きます。

ポイント

  • 食べたいのか?
  • 驚いたのか?
  • 殺したいのか?

いろんなバスの感情を逆なでするかのようにシャッドを引きます。

シーズナルパターンからの逆算、ベイトフィッシュパターンからの逆算で、その日のバスの嗜好に合わせてシャッドプラグを選び、誘う。

バスの生態のことをよく考えてシャッドプラグを使いだした時期です。

釣れだす

開眼してからは的外れな使い方をしていないのでどんどん釣れます。

まるで、バスの目の前を通ったシャッドに吸い寄せられるかの如く釣れ続けました。

キッカケをつかんでしまったことで、今までたまたま釣れていたマグレがなぜ引き起ったのかが分かったきがしました。

当時の釣行メモを見ると状況が一致するんですよね...

釣れない理由はこれだった

人間側のテクニックありきで考えていたこと。

それに尽きます。

正直、小学生のとき、シャッドで意味わからないほど釣った記憶があります。

もう、シャッドはエサなんじゃないかって思えるほど。

学校が終わって夕方少しの時間だけ池に行き、シャッドで20匹くらい釣って帰るみたいな...

そりゃもうシャッドはエサって認識になっちゃいますよね。笑

あと、youtubeなどで見た早巻きの件もあります。

よく、『バスの最高遊泳速度は人間がリールを巻くスピードなんかよりよっぽど速いからどんなに早く巻いてもバスは追いつける』っていう人いますが、その解説は本当に不親切だと思います。

バスがシャッドを発見し、食べようって判断してから動き出すまでの時間で、シャッドがバスから遠ざかってしまえばそもそも遊泳速度うんぬんではなくバスは諦めてシャッドを追おうとしません。

特に敵水温から離れれば離れるほどこの状況は躊躇に現れます。

つまり、バスの生態的なことを無視してシャッドを使ってもバスは釣れませんよってことです。

バスの生態に関しては、こちらの記事をご一読ください。

釣りに使えるバスの生態に関するアレコレをまとめました。たくさんの論文や書籍をよみあさり、超クリアウォーターで実際にボクが釣ったり観察したりして精査した内容です。

開眼した

開眼したキッカケはサイトでしたが、その後サイトだけでなくブラインドでも何でもかんでもシャッドで釣ろうとしました。

その中で、上記で紹介した記事の内容をふまえ、バスの生態的なメカニズムを利用して釣ることができるようになり、釣果は周りがドン引きするくらい上がりました。

今までは自分でもドン引きするくらい釣れてなかったのに。笑

先行者がいても関係なし!

ちなみに、この写真は、後から入ってきたアングラーさんに写真を撮ってもらいました。

『あ、人がいるからあの見えてるバス釣って写真撮ってもらお♪』的な。笑

シャッドを使いこなしてしまえば、先行者がいたら写真撮ってもらえるからラッキーくらいに考えられるようになると思いますよ。

まとめ

シャッド1年生活をまとめます。

ポイント

  1. 情報を思考停止して受け入れない。
  2. シャッドはハードベイトと認識。
  3. 騙す工夫をする。
  4. 生態を理解して利用する。

です。

正直、バスの生態に関する記事は売れ行きが悪いし、実際にこれを読んだだけではもしかしたらそこそこ釣った経験がない方がいきなり読んでも釣果に繋げるためのアイディアが浮かんでこない場合が多いかと思います。

なので、もっとバスの生態を理解して利用する例を知ってもらいたいがために入門書を書きました。

シャッドの入門書ではなく、『バスの生態を利用したシャッドの使い方入門書』です。

下記にリンクを貼っておきます。

『バスの生態を利用して』シャッドで釣るためのノウハウを詰め込んだ内容です。

まだシャッドで釣ったことがないんですって方には少し内容が濃すぎて眠くなるかもしれません。笑

入門書とありますが、トゥイッチやポンプリトリーブなど、基本的なシャッドの使い方はある程度できるけど、もっとシャッドでバスを釣りたいって方に向けたステップアップのための記事です。

シャッドだけではなく、その他のハードベイトを使って釣るための原点でもあると考えています。

シャッドで釣れるようになると、厳しい状況でのバス釣りの難易度が少し下がるのでハイプレッシャーなフィールドで釣りをされてる方には超おすすめです。

?バス釣り大学って?

バス釣り大学ではどんなブログ記事を書いているの?
当ブログではこんな記事を書いております…

ポイント

バス釣りの始め方

釣れる!と確信できたタックルのインプレ

バス釣りのノウハウ

タックルの総合的な組み方

この記事を読んで下さった方のステキなバス釣りライフの一助になれたら幸いです。

ではではー

バス釣り大学-Landscape

最新の授業

  • この記事を書いた人

YoU太郎

バス釣り大学 理事長

-研究室

Copyright© バス釣り大学 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.