バス釣りマインド工学科

あなたのコンフィデンスルアーは何ですか?信じて投げられるルアーの見つけ方。

厳しい時に信じて投げられるルアーを教えてください。
デカバス釣るなら“コレ”みたいなルアーってありますか?
残念ながら一つのルアーに絞って全ての人にとって“信じられるルアー”なんてありません。でも心配しないでください。“あなたにとって信じられるルアー”の見つけ方はあります。

コンニチハ!

バス釣り大学のYoU太郎です。

釣り場で何やったら釣れるかわからなくなった時ってありません?

そんな時、『自分にも信じて投げ続けられるルアーがほしいなぁ』なんて思ったことありません?

ボウズで家に帰ってYouTuberがキャッキャしながら釣ってる動画を見て自分も釣った気になり、動画でYouTuberさんが使ってたルアーを転売ヤーから高額な値段で買って自分も釣れたような気持ちになってませんか?

ぶっちゃけそんな釣り人生は虚しいですよ…笑

夢の中の信じられるルアーなんか追い求めても無駄です。

でも実は、あなたの通うフィールドともっと真剣に向き合えば誰でも簡単に自分だけが信じて使うことができるルアーを手に入れることができます。

なぜなら、ボクも実践してできるようになったからです。

この記事では、あなたが信じて投げ続けられるルアーの見つけ方の手順をつ紹介し、難しいバスフィッシングの難易度を下げるたった一つの方法をあなたに伝授します。

記事を読み終えたあなたは信じて使うことができるルアーを求めていたことがバカらしくなり、真剣にフィールドと向き合うことができます。

ぶっちゃけこの記事を最後まで読むと、バス釣りの難易度が少し下がるのでオススメです。

そんなものは無い!

信じて投げられるルアー…どこですか…?

ここまで読んだら他人にソレを聞いてどうするんですか?って気持ちが少しわかっていただけるかと思います。

今回の記事は少しイジワルに見えるかもしれません

しかし、あなたに嫌われる覚悟で書いてます。

誰もが信じて投げてれば釣れてしまうルアーなんてこの世にはありません。

あなたの通うフィールドとボクが行くフィールドは必ずしも一緒ではないわけですし、好きなルアーも違えば好みのタックルも異なります。

そういう理由があるのでいくらボクがオススメしたからといってあなたにとっても優秀なルアーとは言えないんです。

自然は刻一刻と変化しているから

まず、フィールドも違うし釣りに行く日時も違います。

と、言うことは見ている景色も違うわけです。

自然は刻一刻と変化していきます。

そういった変化にアジャストしていくことで、バスを釣るための確率を上げていくのがボク達アングラーの仕事です。

それをルアー頼みでなんとかしようとしてもどこかでスレ違いが起これば簡単にボウズです。

釣り場が異なります。

まず、ボクとあなたとでは通うフィールドが異なります。

すなわち違うフィールドで釣りをしている人に『何が釣れるの?』と聞くことって何の参考になるのでしょうか?

同じバスという魚を釣ろうとしているのである程度共通する部分はありますが、信じて投げ続けられるほど参考になると思いますか?

フィールドが変われば使いやすいルアーも異なります。

気象条件が異なります。

太陽が登れば気温が上がり、朝昼夕と気温差が大きければ日中の気温が上がるタイミングで風が吹いたりします。

影の大きさも変わるし、雲が出てくれば雨が降るかも

ボクが釣りに行く日とあなたが釣りに行く日、または地域が異なれば起こる現象が異なります。

何が釣れるのか?ではなく、何が起こるのか?にフォーカスを当てることで何が信じられるのか?が見えてくると思います。

状況次第で傾向は掴める

さてここまで意地の悪いことをツラツラと偉そうに書いてきました。

こんなボクのようなブロガーの書く記事を忍耐強くここまで読んでくださった方だけに、真実をお伝えしたいと思います。

ぶっちゃけ有益だと思います。

これまで散々信じて投げ続けられるルアーなんかないよと言ってきましたが、あなたがフィールドをよく観察していくことであなただけが信念を持って投げ続けられるルアーは見つけられます。

これは、ボクがスピナーベイトならDゾーンがいいですよ!なんてオススメする類のものではなく、何かしらの根拠に基づいてあなた自身が判断して選ぶルアーなので絶対に信念を持って投げ続けることができます。

フィールドを知る

まずやらなくてはいけないのがフィールドを知ると言うことです。

ボクは2020年、ほぼ未経験の野池にチャレンジした時期があります。

そこで出会った人に『ここの水深てどれくらいなんですか?』と質問したらキョトンとした顔で『知りません』と言われました。

情報を隠したかったのかもしれませんが、あのキョトン顔を演技でやってたら松坂桃李くんもビックリです

この時、多くの人がフィールドの事をよくわからないまま釣りしてるんだなって感じました。

ボートに乗る人なら魚探がありますので簡単に自分の真下の水深を把握することができますし、水温も知ることができます。

オカッパリの人はソレが出来ないのでロッドで足元の水深を確認したり、沈下するルアーの着水から着底までの秒数でだいたいの水深を把握します。

  • どこに地形変化があるか?
  • どこに水の流れがあるか?

こう言った水中の目に見えないところを魚探によってイメージしたり、オカッパリならテキサスリグなどをズル引きして感じたりします。

また、バスは何かに潜む習性があることから、水中に沈んでいるものがどんなものなのかハッキリとしたレベルでなくてもある程度把握しておくことは極めて重要なことなんです。

陸上に見えるカバーやバスが潜んでいそうなシェードの位置を知ることが大切なのは誰でもやってます。

しかし、もっと深く目に見えない場所をイメージすることでバスの居場所を絞り込むことができるはずです。

出来事に注視する

フィールドを知ることに次いで重要なのはあなたの目の前で何が起こっているのか?を知ることです。

フィールドを知ることである程度バスが好みそうな場所を絞り込むことができますが、それではまだまだ確率は低いです。

極端な例をあげてみます…

あなたは真夏の昼過ぎに野池に到着し、小規模なインレットが絡むワンドの奥にバスが小魚を追いかけ回すのに良さそうなシャローフラットを見つけました。

そこで夕方まで時間をかけてダウンショットで粘ってみたけどアタリどころかベイトも見えバスも現れない

そのままボウズで帰りました。

そこで、その野池で起こっていた事実をよくよく観察すると、野池の北側に面しているため早朝以外は太陽光テリテリで、日中は水温爆上がりするため生命感がないワンドだったのです

そら釣れないわ…

となりますので、そこには雨の降った次の日あたりのインレットが効いてる早朝に入ってみましょう。笑

しかし、時期が変われば話も変わります。

これが春先ならスポーニングを控えたデカバスがワラワラ湧いてくる超一等地になり得ます。

このように、フィールドで何が起こっているのか?をフィールドの特徴と掛け合わせることで、バスの居場所をググっと絞り込むことが出来ます。

バスの居場所をググッと絞り込めれば、釣れる確率もググッと上がります。

もっとフィールドに向合ってみませんか?

フィールドの特徴×出来事

これによってバスに反応させる確率を少しずつ上げていきます。

つまりルアーを選ぶという行為はこれらの絞り込みが出来てから最後にやるものです。

まずはフィールドの事を知り、釣りをしながら『何が起こっているのか』に注視します。

そして最後にルアーを選びます。

そうです。

ルアーがどうこうっていうのはある程度絞り込みができる人がやる事です。

フィールドの特徴から使いやすいルアーを選び、その中でバスのご機嫌に沿うルアーを適したスピードや緩急を駆使して誘っていきます。

これができればあなたがバスを釣る確率は飛躍的に上がると思います。

ちなみに、オカッパリからフィールドを知るためにはズル引きが最適です。

なので当ブログでは初心者が自力で3ヶ月の期間内にバスを釣るために『ズル引き』をマスターする事を推奨しているのです。

騙されたと思ってやってみてください(*'▽'*)

実際にボクがバス釣りを教えた初心者の友人達は100%竿を初めて握ったその日にズル引きでバスを釣ってます。

信じられるルアーの見つけ方

ここまで読んでくださった忍耐強い読者さまはもうすでにわかっていらっしゃると思いますが、信じられるルアーの見つけ方はフィールドによって違います。

ウィードが豊富な湖では、その景色で使いやすいルアーが信じて投げ続けられるルアーです。

ウィード

  • テキサスリグ
  • フリーリグ
  • スピナーベイト
  • チャター
  • スイムベイト
  • ラバージグ
  • バイブレーション

こう言ったウィードに対して引っかかりにくいタイプの中で、フィールド内のあなたの目の前にあるエリアで使いやすいものを選べば良いと言う事です。

晴天無風ならウィードの根本に潜むバスに対してテキサスリグをそーっと送り届ける事でストライクさせます。

また、濁ってしまったならスピナーベイトで目立たせつつある程度広い範囲からバスに発見してもらえるようにします。

逆にそういった判断ができずウィードが生い茂ったジャングルのど真ん中にディープクランクを放り込んでも藻だるまになって返ってくるだけ

ディープクランクはウィードジャングルのような場所とそうでない場所の“境目”で威力を発揮しやすいルアーですよね!

フィールドと、そこで起こっている事にフォーカスを当てれば自ずと使うべきルアーは絞れてくるかと思います。

まとめ

YoU太郎がオススメする信じて投げ続けられるルアーについてまとめます。

まとめ

  1. そんなものな無い
  2. ボクはイジワル言ってない
  3. 自然は刻一刻と変化してる
  4. 状況次第で傾向は掴める
  5. フィールドを知る
  6. 出来事に注視する
  7. そこにルアーを当てはめる

以上です。

そこにルアーをあてはめるためにはたくさんのルアーの特性を知っておく必要があります。

経験が物を言うところでもあります。

ボクもそうですが、少しずつ経験を積んでいけばいいだけです。

ボウズを恐れる必要はありませんがボウズにならないよう試行錯誤し、トライandエラーを繰り返す事であなただけの正解を見つけることができます。

その正解こそが、あなたにとって信じて投げ続けられるルアーになるのです(*'▽'*)

バス釣り大学ってどんなブログ?

バス釣り大学ではどんなブログ記事を書いているの?
当ブログではこんな記事を書いております…

ポイント

バス釣りの始め方

釣れる!と確信したタックルの紹介

バス釣りのノウハウ

タックルの総合的な組み方

また、noteというサイトでは、ブログで情報を公開したくないような『バス釣りの核心』に迫る情報を有料で販売しております。

実際に読んで下さった方のほとんどがリピーターとなってくださっており、記事の情報を実践することで確実にステップアップしていただいています。

正直、下手なルアーを買うくらいならこの情報を読んでいただいたほうがバスは釣れるし、他人と確実に差をつけることができます。

無料で読める記事もございますので、ご興味があればご一読ください。

この記事を読んで下さった方のステキなバス釣りライフの一助になれたら幸いです。

ではではー

バス釣り大学-Landscape

最新の授業

  • この記事を書いた人

YoU太郎

バス釣り大学 理事長

-バス釣りマインド工学科

© 2021 バス釣り大学 Powered by AFFINGER5