ソフトベイト工学科

川のスモールマウスバスを一撃で釣る最強ワームとは?特別な使い方まで徹底解説します。

2020年5月28日

今度の週末、川にスモールマウスバスを釣りに行くんだけど、確実に釣るにはどんなルアーを使ったらいいの??クリアウォーターだから難しいんだよね…
確実に釣りたいなら状況にもよりますが『ワーム』を選択するべきでしょう。10年以上川のスモールマウスバスと対峙してきたボクがスモールを一撃で魅惑するワームの使い方を徹底的に解説します。

コンニチハ!

バス釣り大学のYoU太郎です。

せっかくの週末に、バス釣りに行くなら確実に釣って楽しみたいですよね…

その気持ち、痛いほどよくわかります。

実際に行ってみるとバスは見えるのに全然つれない…

まぁそんな日もあります。

でもまぁ、うまい人はこんな風に釣ってるんです。

ボクが上手いかどうかは置いといて…笑

実際に釣ろうと思ったらこうやって釣れちゃうもんなんです。

せっかくの週末、楽しく川のスモールマウスバスと対峙するにはそれなりに知識が必要です。

釣り場が少なくなってきているこのご時世ですが、周りの釣り人が『釣れない…』と嘆く中、あなただけバコバコ釣りたくはありませんか?

ちなみに、ワームなら簡単に釣れる!なんて期待をもってこの記事にたどり着いた方に残念なお知らせがあります。

それなりに使い方を熟知していないとワームだってなかなか釣れません。

でも落胆しないでください。

簡単に釣れるワームはありませんが、簡単に釣るための方法はあります。

今回は、固く閉ざされた川のスモールマウスバスの口を簡単に開かせるためのワームの極意を記事にしました。

ワームを使いこなせるようになると、川のスモールマウス攻略の難易度が少し下がるのでオススメです。

どんなワームを使うのか?

クリアリバーのスモールマウスバスはワームが大好きです。

年間を通して釣れる数はやはりワームだと思います。

川ではジグ+ホッグワーム、虫・シュリンプワーム、ストレートワーム、スティックワーム、ピンテールワームなどたくさんの種類を使い分けます。

なぜこういった様々なタイプのワームを使い分けなければならないのか?

それは、川のスモールマウスバスは様々な生物を捕食しているからです。

さらに細かい話をすると、その時そのタイミングで一番食べたいエサ・食べやすいエサを選択して食べています。

 

だから、そういったスモールの捕食対象となるものが何なのか知らないとせっかくボクが紹介したワームを使っても簡単には釣れないんです。

スモールが住み着いているということは、それなりに川に流れがあり、常に濁っているわけではないと思います。

しっかり水中を観察して、どんな生物が住んでいるのか観察しましょう。

どうやってワームを使うのか?

そして、川のスモールを狙うときに考えるべきワームの使い方は野池などとは少し異なります。

常に流れがある中で、どんな場所に投入するべきかをしっかり選びながら確実にキャストを決めなければなりません。

ボクが培ってきた川の攻略法を徹底解説していきます。

投入場所と最適なリグ

ワームを使う上で押さえておきたいポイントは、流れの変化や沈んでいる障害物など、何か明確なターゲットに対して正確に近くを通していくということ。

それができないとワームのアピール力ではスモールマウスバスに発見してもらえないことも多く、なかなか口を使ってもらえません。

そういうところを狙うために引っかかりにくいオフセットフックでセッティングするなどの工夫も必要です。

丁寧にバスの目の前を通すようなイメージが大切です。

逆に、ボクの釣りをしてきた感覚だと、投入するピンに対して最適なリグを選択できると素直に反応してくれるのが川のスモールマウスバスだと感じております。

いつでもどこでもスモラバとか、ダウンショットとかではなかなか釣果に結びつかないときもあります。

確かにライトリグは非常に有効な手段ではありますが、小さなリグでは小さい子スモールを数匹釣って終了みたいな1日になってしまいます。笑

そこそこデカいスモールマウスバスを釣るためには適材適所でリグを選んであげる必要があります。

急流+急深

流れが強い場所では、フットボールジグ。

流れが早ければ水深が浅くてもよく釣れます。

なぜかというと流されずに耐えるから。

急流のなかでリグがゴリゴリ流されては不自然です。不自然だと見切られます。

そういった状況でかなり有効なのはO.S.Pの03ハンツ+ノリーズのエスケープツイン。

流されやすいリグですが、フットボール形状なことと、うまく水を受け流すエスケープツインの相性がよく、うまく止まってくれます。

また、急に深くなってる場所をダウンヒルで落としていく場合は1/2ozくらいの重めのフットボールが有効です。

淵+地形変化

淵には水深が深くなる地形変化が必ず絡みます。

そんな場所では虫・エビワームが有効です。

ちなみに、シュリンプ系や虫系のワームはスモールマウスバスを簡単に釣るために必須になってくるワームです。

具体的には、O.S.PのHPバグやレイドジャパンのバトルホッグ2.6などです。

川の規模にもよるんですが、2.5~3インチくらいの小さなものが騙しやすくよく釣れます。

カラーは薄いグリパン系や〇〇エビみたいな薄いスケスケのカラーがおすすめです。

また、同じワームでも、虫のようなイメージで使うなら、ジュンバグやブラックなど、濃いカラーの方が虫に化けます。

どちらも、ライトキャロやノーシンカーで上流に投げ、ドリフトしてくるようにゆっくり漂わせて使うとGooDです。

シャロー+カバー

こういったいかにもラージマウスがいそうな場所にもスモールマウスバスが潜んでいたりします。

そんな場所へは引っ掛かりにくくセッティングしたストレートワームのネコリグやジグヘッドワッキーなんかが有効です。

早春~初夏くらいまでよく使います。

ヨシノボリやハゼみたいなのがボトムを這っていたり、ボトムに依存しているような状況ならネコリグ。

フォールやボトムより若干浮かすようならワッキーリグで、水深によってノーシンカーとジグヘッドワッキーを使い分けます。

ワッキーでネコでも使いやすいのはノイケのスマイルワームマミーです。

やわらかくもちもちした素材でノーシンカーワッキーでフォールでお尻をクネクネスイングしながらフォールします。

オールマイティに使いやすいのでおすすめです。

細いボディで口の中に入りやすく、バスからしても食べやすい理にかなったワームです。

流れ込み+シャローフラット

流れ込みにシャローフラットが絡み、いかにもフィーディングしそうなエリアではスティックワームのノーシンカーを使います。

ワッキーやネコリグを使っていて、小魚を追ってると感じたらこちらにスイッチしたりできます。

基本的にはオフセットフックでのノーシンカー。

ツーンってダートアクションをして小魚が逃げるようなアクションでバスの競争心を煽ります。

小さなジャークワームのようなイメージです。

真夏直前までと、お盆過ぎくらいによく釣れる印象があります。

ボクが好んで使っているのはゲーリーのセンコーやSAWAMURAのバレットの3インチ。

ゲーリーヤマモト

ベイトのサイズに合わせて4インチでもいいかと思います。

ゲーリーヤマモト

絶対フックはナロー気味の細軸をおすすめします。

フォールスピードが遅くなり、水に馴染んだナチュラルな存在感を醸し出してくれます。

淵+最深部

淵の最深部にはピンテールワームなどのダウンショットリグを投入します。

真夏などの全く口を使わない厳しい時間帯の切り札で、主にダウンショットで使います。

一点シェイクでなんとか口を使わせるように使うので、水平姿勢を維持できるハンドポワードタイプのワームであることが必須条件かもしれません。

ボクはジャッカルのクロステールシャッド2.5インチを好んで使います。

止めておいても水平を維持しやすいので、これが一番使いやすいですね!

こういう釣りをゲーリーのレッグワームみたいな動かす系のダウンショットワームでやってしまうと意外と釣れません。

あとは、デプスのデスアダーのようなワームをジグヘッドでスイミングさせたり最深部での放置もします。

春先や秋口によく釣れました。

デスアダーは4インチくらいならオフセットフックでスティックワームのようにノーシンカーでも使いやすいのでいろいろ使いまわせます。

素材が丈夫なのもうれしいです。

まとめ

川のスモールマウスバスをワームで攻略するための秘密をまとめます。

ポイント

  • 状況に合わせてワームを選ぶ
  • 丁寧に目の前に届ける
  • 急流+急進=フットボール
  • 淵+地形変化=虫・エビ
  • シャロー+カバー=ストレートワーム
  • 流込み+フラット=スティックワーム
  • 淵+最深部=ピンテールワーム

このほかにもたくさんのタイプを使いまわしてその日の正解を見つけるのがボクのワームスタイルなんですが、そういったコアな記事はまた別の機会があれば記事にしていきます。

これが正解!ってわけじゃなくて、川にある様々な要素に対して適切なリグを投入することで1ピキを絞り出しているんですよってことが伝わったでしょうか。笑

是非、試していただき、釣果が上がった際にはTwitterやお問い合わせ欄からご一報いただけると幸いです。

バス釣り大学ってどんなブログ?

バス釣り大学ではどんなブログ記事を書いているの?
当ブログではこんな記事を書いております…

ポイント

バス釣りの始め方

釣れる!と確信したタックルの紹介

バス釣りのノウハウ

タックルの総合的な組み方

また、noteというサイトでは、ブログで情報を公開したくないような『バス釣りの核心』に迫る情報を有料で販売しております。

実際に読んで下さった方のほとんどがリピーターとなってくださっており、記事の情報を実践することで確実にステップアップしていただいています。

正直、下手なルアーを買うくらいならこの情報を読んでいただいたほうがバスは釣れるし、他人と確実に差をつけることができます。

無料で読める記事もございますので、ご興味があればご一読ください。

この記事を読んで下さった方のステキなバス釣りライフの一助になれたら幸いです。

ではではー

バス釣り大学-Landscape

最新の授業

  • この記事を書いた人

YoU太郎

バス釣り大学 理事長

-ソフトベイト工学科

Copyright© バス釣り大学 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.