ソフトベイト工学科

【ミドスト】アタリの取り方!ミドストの悩みをあーっさり解決です。

ミドストのアタリってどうやって取るの?

ラインスラッグをたくさん出してるからアタリを取りにくいんだよね…

ミドストでフッキングミスしがち…

アタリの取り方というよりか、アタリを取るためのミドストの秘訣をコッソリ教えます。

コンニチハ!

バス釣り大学のYoU太郎です。

ミドストのアタリが取れずフッキングミスしがちでお悩みではありませんか?

ミドストってラインスラッグを多く出してリグをスイミングさせるため、リグ自体アタリが取りにくい性質があります。

でも実は、タックルセッティングをしっかり組んであげれば誰でも簡単にあたりを感じ取り、確実なフッキングを決めることができるようになります。

実際にボクもタックルセッティングを見つめ直してフッキング率が格段に向上しました。

ぶっちゃけミドストの」アタリを捉えられるようになると、バス釣りの難易度が少し下がるのでオススメです。

ミドストはアタリが取りにくい

そもそもミドストはアタリが取りにくい性質を持ったリグです。

その理由を3つあげます。

  1. ラインスラッグが多い
  2. 常に竿を振っている
  3. ロッドの感度が低い

こういった理由から、リグ自体にアタリを取りにくいという性質があります。

本記事ではこれらの理由を踏まえた上でその解決策を徹底的に解説していきます。

ミドストのアタリの特徴

ミドストは他のライトリグなどのボトム特化型のリグとは全く違ったバイトの出方をします。

どちらかというと巻物に近いアタリの出方でもあるんですが、ロッドを振っているのでちょっとアタリを感じることが難しいです。

どんなアタリかというと2種類です。

  • 取りやすいアタリ
  • 取りにくいアタリ

当たり前じゃん

と言われてしまいそうなので、この二つのアタリの特徴について水中で何が起こっているのかも踏まえて掘り下げてお話ししていきます。

取りやすいアタリ

取りやすいアタリについては悩む必要はあまりありません。

どんなあたりかというと

  • コンッと手元に感じるアタリ
  • ググッと引張られるアタリ

これらのあたりはバスがリグを咥えてから反転したり移動するような行動をとる場合に起こります。

活性が高いときはこういったアタリが出やすいです。

基本的にミドストのアタリを感じた時は慌ててフッキングしてはいけません。

ラインスラッグをしっかり回収するを取ってから落ち着いてティップにバスの重みを感じてからスイープに大きなストロークでフッキングをしてください。

取りにくいアタリ

こちらはあなたの悩みの種である『取りにくいアタリ』です。

概ねこんな感じのアタリだと思います。

  • ラインスラッグが消える
  • ロッドの振り幅減少止まる
  • ロッドの振りが重くなる

こういったなんとも言えない違和感である場合がほとんどだと思います。

どれもこれもアタリだとわかりにくいし、水中の障害物にリグが接触しただけのようにも感じられます。

こういったアタリを取っていくコツとして、違和感を感じたらロッドを振るのを一旦やめて糸の重みを感じながらラインスラッグをロッドティップでジワッと引っ張ってみることです。

障害物であれば引っ掛かった感触だけですが、バスであれば引張られたりピクピクしたり生命感があるはず。

生命感を感じたらしっかりラインスラッグを回収してからグーっとバスの重みをティップに感じるくらい優しく引っ張って深く食い込んでいることを確認してから大きなストロークでスイープにフッキングしてください。

間が必要な理由

感じやすいアタリも感じにくいアタリも、アタリを感じてからをとることが大切です。

バスがリグの頭しか咥えてない場合や、テールまでしか咥えてない場合が高確率で起こりうるリグだからです。

活性が高い場合は頭しか咥えないことがありますし、逆に低い場合は『やっと追いついた』とテールにギリギリ噛み付くこともあります。

頭しか咥えていないとそのままフッキングすると運が良ければバスの口の外に掛りますが、ファイト中にバレやすくなります。

テールしか咥えてない状態であればフッキングしたらすっぽ抜けます。

バスがリグを咥えた後にしっかりリグ全体を口の中に入れて、力強く口を閉じさせるが非常に大切だと感じてます。

アタリの取り方はリールにキモあり

これらの違和感でしかないアタリを拾っていくためには、リール選びが重要になってきます。

実は、ミドスト用のリールは軽ければいいものではありません。

ここでミドストに求められるリールの性能についてまとめます。

  1. 200g前後
  2. ノーマルギア
  3. ドラグ性能

この3つは無視できないミドスト用リールの重要な性能です。

なぜこの3つの性能が重要なのかは別記事にまとめました。

本記事の最後にリンクを貼りましたので、読めばミドストのフッキング率を簡単に高められますよ(*'▽'*)

フッキング率とフックサイズの関係

フックサイズを上げれば簡単にフッキングするんじゃ…

そんな意見も聞こえてきそうですね…

ボクがミドストをしてきて感じていることは『むやみにフックサイズを上げるべきではない』です。

やはりフックが小さい方がワームがイキイキと泳ぎますし、バイト率が高いと感じてます。

フックが小さいと確かにフッキング率は悪くなりますが、フックをワームにセットするときにフッキング率が損なわれないような工夫を施すこともできます。

何より小さいフックでスッポリと違和感なく食い込ませたいので、フックを大きくすることはどうしてもフッキングしない時の最終手段にしてます。

まとめ

ミドストのアタリの取り方についてまとめます。

ポイント

  • ミドストはアタリがわかりにくいリグ
  • アタリ=違和感
  • アタリを感じたらをとる
  • リールが重要

以上です。

ミドストでアタリが取れないとお悩みの方はちょっとしたリールの選択ミスが原因になっているかもしれません。

ロッドやラインとのバランスも大切ですし、何をミドストするのかでもタックルセッティングが変わります。

ミドストって、もともとバイト率の高いリグだと思います。

タックルセッティングを見直すことで今まで気づかなかったアタリを感じることができるようになる可能性があります。

つまり、タックルをキチッと組むことでバイトが増えるってこと。

一度、見直してみてはいかがですか?

バス釣り大学ってどんなブログ?

バス釣り大学ではどんなブログ記事を書いているの?
当ブログではこんな記事を書いております…

ポイント

バス釣りの始め方

釣れる!と確信したタックルの紹介

バス釣りのノウハウ

タックルの総合的な組み方

また、noteというサイトでは、ブログで情報を公開したくないような『バス釣りの核心』に迫る情報を有料で販売しております。

実際に読んで下さった方のほとんどがリピーターとなってくださっており、記事の情報を実践することで確実にステップアップしていただいています。

正直、下手なルアーを買うくらいならこの情報を読んでいただいたほうがバスは釣れるし、他人と確実に差をつけることができます。

無料で読める記事もございますので、ご興味があればご一読ください。

この記事を読んで下さった方のステキなバス釣りライフの一助になれたら幸いです。

ではではー

バス釣り大学-Landscape

最新の授業

  • この記事を書いた人

YoU太郎

バス釣り大学 理事長

-ソフトベイト工学科

© 2021 バス釣り大学 Powered by AFFINGER5