バーサタイルタックル総合学科

【国宝級】最強マッチ・ザ・ベイト!川スモール特化型最強タックル。

川のスモールマウスバスを釣りたいんだけ、オススメの最強ロッドを教えて!
川スモール釣りで、『とりあえずこのロッドが最強』という一振りを知りたい!
新しくロッドが欲しいんだけど、便利な川スモール最強ロッドが欲しい!

[st-kaiwa1r]川のスモール攻略に特化した、最強のロッド選びについて徹底解説します。[/st-kaiwa1]

コンニチハ!バス釣り大学のYoU太郎です。

川のスモールマウスバスを釣ろうとしたとき、ほとんどの方がオカッパリからのアプローチだと思います。

オカッパリから川スモールを釣りに行くとき、どのロッドを持って行こうか?いつも悩みませんか?

実は、“川+スモールマウスバス”というフィールドならではのシチュエーションから逆算すると、あなたの行くフィールドと適合率100%の最強ロッドが、驚くほど簡単に見つかります。

実際にボクもそうやってロッドを選んでおり、ほぼ1年間出動機会が絶えない“絶対に持って行くロッド”を選ぶことができました。

本記事では、川のスモールマウスバスならではのシチュエーションについて、抑えるべきポイントを3つ解説し、とにかく“川スモール”に特化した最強のロッドについてご紹介します。

記事を読み終えると、あなたは川スモールでロッド選びに迷うことなく、シチュエーションに特化したロッドによって圧倒的な機動力と対応力を得ることができます。

ぶっちゃけ最強のロッドを手にすることが出来れば、川スモールの釣りの難易度が少し下がるのでオススメです。

バス釣り大学って何ですか?

少しだけ…いや、当ブログの紹介をさせていただくために7秒だけあなたの貴重なお時間をいただけますでしょうか?

バス釣り大学ってどんなブログサイトかと言いますと、“自己啓発系バス釣りブログ“です。

ボク自身の経験から導き出したバスの釣り方をロジカルに解説してまいります。

子育てサラリーマンお父さんバスアングラーが週末の限られた時間の中で『そこそこデカいバスを他の人よりたくさん釣る!』ためのバス釣りに関する再現可能な技術に関する情報を発信していきます。

あなたのバス釣りの情報収集にお役立ていただけると幸いです。

【意識高い系週末お父さんアングラー技術向上強化月間実施中!】

  • 毎週火・金曜日更新予定!
  • Twitter=最新情報更新中!
  • Instagram=お役立ち情報更新中!

ブックマーク・お気に入り登録よろしくお願いいたします。

それでは、下記の項から記事の本題に入ります。

お時間の許す限り、ごゆるりとお楽しみください。

実は川スモールの“最強ロッド”がある

川スモールには川スモールならではの“最強ロッド”があります。

なぜなら、川というフィールドは“環境の変化が激しい”からです。

例えば、オカッパリで激しい変化に対応するためには、1本で何でもできる超実戦的な最強ロッドを手に入れると話が早いです。

湖用のスモール用ロッドでいいんじゃないの?
いえ、川ならではのシチュエーションありきで考えた方が、結果的に間違いなく無駄の無い買い物に繋がります。

では、『最強』と一言で言っても、世の中には多種多様なロッドがあり、どのロッドを選んだらいいか迷ってしまいますよね?

でも、“川+スモールマウスバス”というキーワードに絞って、フィールドと釣り方に特化したロッドを選ぶことで、川スモール専門のバーサタイル性を手にすることができると考えております。

川スモールに特化した“最強のロッド”を選ぶことで、確実にあなたの釣果は伸びるので、周りの釣り人に圧倒的な差をつけることが出来ます。

この考え方が最適解かどうかはわかりませんが、実際にボク自身がそこそこ釣れてるので、あながち間違いではないと思います。

川スモールの景色から“最強”を逆算

今回考えなければならないのは、“川のスモールマウスバスを攻略”するためのに必須要素が全て備わっているロッドです。

では、川スモールならではのシチュエーションから逆算して、ロッドにどんな性能を求めるかを整理していきましょう。

ボクが10年以上川のスモールマウスバスを釣ってきた経験から、“川スモールならではのシチュエーション”を3つのポイントにまとめます。

  1. ドリフトが不可欠
  2. メインベイトが小さい
  3. クリア〜ステイン=水質
これら3つの要素を全て攻略できないと、“最強”とは呼べません。

一言で“川”と言っても、これらの使用用途で様々なシチュエーションを1本のロッドで完結させるためには、ロッドに求める性能はかなりワガママになってしまいます。

次の項では、これら3つのポイントを抑えるために重要視する“最強ロッドの性能”について掘り下げていきます。

川スモールの“最強”ロッドの条件

川のスモールマウスバスを攻略するシチュエーションや条件を3つのポイントにまとめます。

  1. 条件1:ドリフトが不可欠
  2. 条件2:メインベイトが小さい
  3. 条件3:水質=ステイン〜クリア

川スモール最強ロッドに求める条件を、川スモールならではの条件から逆算して考えます。

この3つのポイントを全て押さえることが出来れば、1年中この“最強ロッド”1本で釣りが完結してしまうほど、ド真ん中の川スモール特化型の最強ロッドを導き出すことができるのです。

本稿では、それぞれの用途で必要とする性能について細かく掘り下げていきます。

条件1

川の釣りでは、ラージマウスバスもスモールマウスバスも関係なく、『ドリフト』というリグを流れに乗せて、狙いのピンポイントにルアーやリグを送り届けるテクニックが必須となります。

一度でもドリフトをやったことがある方なら共感してくださると思うのですが、ドリフトはラインスラッグを多く出してリグをコントロールしなければならない特性上、アングラー自身が「自分がなにやってんのかわからなくなる」という状態になりがちです。

その中で、僅かなラインの変化を感じ取り、ルアーやリグを操る操作性を第一に考えると良いと考えております。

条件2

基本的に川のスモールマウスバスがメインとしている食べ物は、サイズが小さいことがほとんどです。

全然ザリガニとか、5インチサイズの大き目の魚も食べます。

が、それはボクの経験上、条件が整った時に限ると思います。

  • 小魚
  • エビ

基本的には、これらの水中の生物がメインベイトになるので、ライトリグを扱うことが増えます。

釣果第一優先の実践的考え方に基づいて“最強”を決めるなら…

1.5〜5インチくらいのワームが扱えつつ、それらのワームを多くのリグで操作できる汎用性があるロッドを選ぶ必要性があります。

条件3

水質がクリア〜ステインであることが多い、スモールマウスバスが生息している“川”を攻略するうえで、メインとなるルアーやリグは必然と小さなライトリグになることは、もはや避けることはできません。

基本的に小さなリグの遠投飛距離・近距離での操作性と、精度の高い釣りをしようとすると、どうしてもスピニングタックルの出番が増えます。

ベイトフィネスタックルでも、ぶっちゃけまかなえてしまうものもありますが、“最強”を決めようとすると、どうしても手返しより精度の方が重要視しなければならない場面が多いので、ボクの考えでは『スピニングタックル』が最強の条件だと考えております。

しかしながら、このへんはあなたの通うフィールドによって“最強”の条件は変わります。

あなたの通うフィールドに合わせて、臨機応変に対応してください。

川スモール特化型バーサタイルロッドはコレ!!

ボクの考える、オカッパリ川スモール攻略の“核”となる最強ロッドはコレです。

ワイルドサイド WSS-ST64L+

実際に、ボクはこのロッドを手に入れてから、2021年のシーズンはこの1本だけで釣りが完結できてしまいました。

スピニングのLパワーという汎用性がありつつ、ソリッドティップというフィネスな味付けが本当にナイスです。

メインで使用するバーサタイル系の器用なスピニングロッドは、もはやコレ1択と言ってもいいと思ってます。

このロッドは、 “虫専用”というコンセプトですが、20m程度までの距離感で、シャローのスモラバ、ネコリグ、ワッキーリグ、ダウンショットなどをそつなくこなします。

ソリッドティップですが、そこそこ大きな5inストレートワームのネコリグくらいまで背負えます。

また、1.5インチクラスの虫系トップ及び沈むワームは当然ですが、ペンシルベイトやポッパー、小型ミノーなどの操作系プラグがバツグンに使いやすいんです。

PEラインとの相性バッチリのガイドセッティングで、0.4〜0.8号のPEを巻いておけば、1年中出番があり、もはや手放せなくなります。

さらに、ドリフトのようなラインスラッグがダラダラ出やすい釣りでも、カツッとフッキングが決まるベリーからバットにかけてのパワーが超魅力的です。

2021年シーズン、これ1本でほとんど釣りをしてて何も不満に思うことがありませんでした。

レジットデザイン

“何も不満に思うことがない”って、最強ロッドに求めらる全ての要素が備わっていないと出てこない感想なので、この感覚は信じて頂いて良いと思います!!

まとめ

川スモール特化型のバーサタイルロッドについてまとめます。

ポイント

  • 川ならではの景色に合わせて選ぶ
  • シチュエーションから最強を逆算
  • 使用用途から最強を逆算
  • 釣り方からロッドを逆算
  • メインはテクニカルスピン

ボクはこのロッドをメインタックルに組み、1年間釣り込んでみました。

ぶっちゃけ、WSS-ST64L+1本で多くの“川スモール”というシチュエーションを攻略してしまうことが出来ると思いました。

レジットデザイン

しかしながら、川というフィールドの特徴として“変化が激しい”ということも言えます。

数時間大雨が降ったら、状況は激変してしまう“川”というフィールドを1本で全て攻略することは、事実上不可能と言えるので、今回ご紹介した“最強の川スモール特化型ロッド”をメインタックルに布陣して、あなたのフィールドの特徴にフィットしたサブロッドを布陣することで、スキのない川スモール特化型最強タックル部隊を編成してください!!

大学研究室からのお知らせ…

ボクの記事を最後まで読んで下さり本当にありがとうございます。

最後まで読んで下さったバス釣りに対して意識の高いあなただけに、重要なお知らせがあります。

実は、当ブログ以外に“バス釣り大学の研究室”というサイトを運営しております。

バス釣り大学というブログでは、バス釣りのノウハウやタックルのインプレッションについて情報を無料公開しておりますが、バス釣り大学の研究室では当ブログでは書けないバス釣りの『核』となる部分を記事にしています。

『コッソリ読んで、誰にも教えたくないバス釣りの強化書』を目指して更新していますので、ぜひコチラもご一読いただけると幸甚です。

よろしくお願いいたします。

ではではー

バス釣り大学-Landscape

最新の授業

  • この記事を書いた人

YoU太郎

バス釣り大学 理事長

-バーサタイルタックル総合学科

© 2022 バス釣り大学 Powered by AFFINGER5