フィネスタックル総合学科

【川スモール超おすすめロッド】WSS-ST64L+購入理由を語る!

虫専用ロッド?そんなの需要あんの?

ソリッドティップって超フィネスロッドなんじゃないの?

スモールマウス用ロッドなんてニッチ過ぎません??

このロッドは虫用ではありますが、めちゃくちゃ活用用途の広い!WSS-ST64L+を購入する際に、ボクがロッドに求めていたことを全て語ります。

コンニチハ! バス釣り大学のYoU太郎です。

自分自身、川のスモールマウスバス用オカッパリライトリグバーサタイルスピニングロッドが欲しく、実は3年前から悩んでおりました。

川のスモールマウスバスをオカッパリで楽しんでいる方は、ボクと同じようにライトリグ最強のロッドを求めていろいろとお悩みではないでしょうか?

実は、ライトリグを超高次元に扱えるロッド1本にまとめることができると、機動力が上がるので、回遊系の川スモールを攻略する上でめちゃくちゃアドバンテージになります。

なぜなら、ボク自身がこのようなロッドを導入して圧倒的なアドバンテージを感じているからです。

この記事では、ボクがWSS-ST64L+を購入するに至った理由について3つ紹介して、ボクが求めた川スモールマウスバスオカッパリ対策用ライトリグロッドに求める条件について語ります。

記事を読み終えると、今後はボクと同様にオカッパリのロッド持ち込み本数について悩むことなく、圧倒的な機動力で川のスモールマウスバスを攻略することができます。

まぁ、インプレッション記事の序章だと思って本記事を読んでいただけると幸いです。

ぶっちゃけWSS-ST64Lを導入すると、バス釣りの難易度が下がるのでオススメです。

バス釣り大学って何ですか?

[st-kaiwa11 r]少しだけ…いや、当ブログの紹介をさせていただくために7秒だけあなたの貴重なお時間をいただけますでしょうか?[/st-kaiwa1]

バス釣り大学ってどんなブログサイトかと言いますと、“自己啓発系バス釣りブログ“です。

ボク自身の経験から導き出したバスの釣り方をロジカルに解説してまいります。

子育てサラリーマンお父さんバスアングラーが週末の限られた時間の中で『そこそこデカいバスを他の人よりたくさん釣る!』ためのバス釣りに関する再現可能な技術に関する情報を発信していきます。

あなたのバス釣りの情報収集にお役立ていただけると幸いです。

【意識高い系週末お父さんアングラー技術向上強化月間実施中!】

  • 毎週水・日曜日更新予定!
  • Twitter=最新情報更新中!
  • Instagram=お役立ち情報更新中!

ブックマーク・お気に入り登録よろしくお願いいたします。

それでは、下記の項から記事の本題に入ります。

お時間の許す限り、ごゆるりとお楽しみください。

オカッパリ用ロッドを減らしたかった

まだ子供が小さいため、ここ数年はボートで1日中湖に浮くという贅沢な時間をなかなか作れず、近所の川でスモールマウスバスをオカッパリから釣ることが多くなりました。

今までボート釣りで使っているロッドをオカッパリにも流用するスタイルだったんですが、どうしてもボートとオカッパリの違いがあります。

なかなかコレ1本あればいい的なオカッパリならではのロッドというのを持っておらず、『持っていく荷物を減らすために』川のスモールマウスバスを狙うためのライトリグ用バーサタイルロッドの導入検討は始まりました。

ボクの求めているロッド像は下記の通りです。

  1. スモラバとネコをやりたい
  2. 近距離戦に特化
  3. 1.3g前後がスイートスポット

この条件を満たしていることが個人的にはとても大切でした。

この3つの条件について、様々なメーカーのロッドを物色したので、少し掘り下げてシェアしていこうと思います。

スモラバとネコをやりたい

個人的にスモラバを扱いやすく設計されたロッドと、ネコリグを扱いやすく設計されたロッドは少し味付けが違うと感じております。

スモラバロッドは結構穂先がトロンとしてるけど、ネコロッドは穂先までちょいと強い。

つまり、スモラバ用途に寄せるとネコリグのアクションが単調になり、ネコリグ用途に寄せるとスモラバのハングオフのような操作が雑になってしまう…

これらが共存するのってちょっと難しいんじゃないかって思ってます。

でも、1本でまとめてやれないかな…と。

ここ23年はライトリグを真剣にやり込んだことで、ずっと悩んでました。

近距離戦に特化

近距離戦に特化しているというのはどういうことなのかというと、サイトで使って最高というイメージでしょうか。

例えば青木虫やスワンプジュニアみたいな、中空虫ワームや超小型の軽量リグでも狙ったとこにピシッと1撃で落としたいんです。

川スモールをサイトする方はわかってもらえると思いますが、キャストアキュラシーってめちゃくちゃ大切ですよね

単純にしなやなロッドを使えば、キャスタビリティは満足できると思うんです。

しかし、急流の中ででもリグの操作精度を落としたくないことと、バスが食った瞬間手首を返すだけでフックアップするようなパリッとしたシャープなロッドを求めていました。

川スモールだけじゃなく、ラージマウスを狙うときも『サイト』するときって、めちゃくちゃキャストアキュラシーが重要になると思います。

ぶっちゃけサイトは苦手ですが、だからこそロッドに助けてもらいたくてこういう性能を必要としております。

また、ラインスラッグをある程度出さなくてはいけない川のドリフトでは、やはりクイックなレスポンスで掛ける調子の方が扱いやすいと考えております。

1.3gがスイートスポット

スピニングで扱いたいリグのウエイトの、ド真ん中がスイートスポットであって欲しいんです。

ボクの求めているロッドは、例えば野尻湖みたいな湖でのウルトラディープ攻略のスモール用超フィネスロッドではなく、あくまでもオカッパリである程度汎用性のあるライトリグロッドです。

当然オカッパリ用として導入しますが、あくまでもメインをオカッパリに考えているだけで、ボートにも積めるような物を選びたいというが本心です。

この記事を書きながら思うことではありますが、自分はとたもワガママです。笑

ミスしないロッドを求めた

オカッパリで川のスモールマウスバスを狙うとき、今まではレジットデザインのWSS-ST65Lというロッドを気に入って使ってました。

今も溺愛しており、数年使ってます。

長らく使っていると、少しずつもう少し○○だったら…”という気持ちも芽生えてくるんですよね(*'▽'*)

ぶっちゃけWSS-ST65Lも最高だったんですが、個人的にスモラバを使用していた時のボトムへの接地感が掴みにくいところと、少し遠くに投げたときにフッキングミスする事がありました。

スモラバを扱うには僅かに穂先とベリーの一体感が強いことがボクの好みと合わなかったのかなと思います。

また、キャロ用ロッドとして設計されているため、おそらく巻きアワセをしてシッカリ乗せるようなテイストだったからボクのフッキングではミスが出たんだと今では納得してます。

ボクのスピニングのフッキングの癖って、手首だけでクイッとやる感じで…結構ショボいんですよね。

これらのことに気付いてからはミスしてませんし、実はWSS-ST65Lでは50UPのスモールを釣り上げているので申し分なく最高のロッドです。

しかし、フッキングミスのイメージがボク個人の中にベトーッと残ってしまっているのは、今でもなかなか払拭できないでいます。

このようなキッカケがあり、川のスモールマウスバスに特化してロッドを選ぶことになりました。

バーサタイル系ソリッドの流行?

ロッド選びをしている中で、最近の流行?になっているのかわかりませんが、ソリッドティップのライトリグバーサタイルロッドというジャンルに行き着きました。

ソリッドなのにバーサタイル?

正直最初はスルーでしたが、色々な方の情報を見ているうちにアリかもなと思い始めます。

興味を持ったキッカケは、レイドジャパンのグラディエーターアンチシリーズの中にあるフィクサーという機種です。

また、同じくグラディエーターマキシマムからも同名でラインナップしているMAXフィクサーも惹かれたし、ダイワのスティーズシリーズにファイアフラッシュという機種もある。

シマノのグロリアスシリーズの263L-S

シマノとダイワに関しては、ゾディアスやリベリオンのような1ランク〜2ランク安いモデルにも、こういったソリッドティップのバーサタイルモデルがあります。

これらの中からショップで触って良さそうなものに決めようと思って、いろいろ調査していく中で、レジットデザインから虫専用ロッドがラインナップに加わるという情報が入ってきました。

オススメの記事

バーサタイルソリッド

各社比較はコチラです…

ぶっちゃけ、最初は虫専用ってニッチすぎて…なかなかボクのセンサーには引っ掛からなかったのが正直な感想です。

サイト最高ロッドだと判断

全くWSS-ST64L+に全くそそられず、子育てやコロナの影響もありなかなか釣りにも行けずにモヤモヤしている中でレジットデザインのYouTubeでとある動画を拝見したのがキッカケとなり、一気にこのロッドへ気持ちが持っていかれました。

桧原湖の高梨洋平プロがWSS-ST64L+の解説をしている動画なんですが、40UPのスモールをレイダウン越しにブチ上げているシーンを見て、このロッドが持っているステータスは決して虫専用だけにとどまるようなものではないなではないかと思ったんです。

このシーンでなぜ、一気に興味を持っていかれたか?については長くなるので詳しくはインプレッション記事に書く予定です(*'▽'*)

ただ、これだけパワーのあるロッドで、虫のような極めて軽いリグをスパスパ狙った場所に落とせるロッドであれば、ボクの求めている要素は全て網羅しているんではないかと判断して購入に至りました。

予想通り、買った今ではST65Lと同様にボクの溺愛ロッドに、なりました!

まとめ

WSS-ST64L+の導入理由についてまとめます。

ポイント

  1. 川オカッパリで使いたい
  2. ライトリグ全て網羅したい
  3. かなり掛調子が好み
  4. 高いキャスタビリティ

おかげさまでフッキングミスに恐怖することなく小型の川スモールのみですが今のところ100%ミスなくキャッチできてます。

いろいろ調査したのに思ってたロッドと違った…

ボクのブログ読者さまには、こんな後悔の買い物をして欲しくないと思い、お恥ずかしいですがボクのロッド購入理由について全て曝け出してみました。

このように、長らく下調べしてロッドを選んでいる中でポンと現れたロッドに興味を持っていかれることってあまりないんですが、今回のWSS-ST64L+の導入に関しては稀に見る衝動買い要素も含まれて、今現在ボクの手持ちロッドに加わりました。

間違いなく2021年で最も良かった買い物ランキングTop3に入ります。

それだけ衝撃的なロッドだったので、シェアさせていただきました。

レジットデザイン

気になる方は1本いかがですか?

ぶっちゃけ、お父さんのお小遣いでも手が届く中でスペシャルな1本だと思います!

大学研究室からのお知らせ…

ボクの記事を最後まで読んで下さり本当にありがとうございます。

最後まで読んで下さったバス釣りに対して意識の高いあなただけに、重要なお知らせがあります。

実は、当ブログ以外に“バス釣り大学の研究室”というサイトを運営しております。

バス釣り大学というブログでは、バス釣りのノウハウやタックルのインプレッションについて情報を無料公開しておりますが、バス釣り大学の研究室では当ブログでは書けないバス釣りの『核』となる部分を記事にしています。

『コッソリ読んで、誰にも教えたくないバス釣りの強化書』を目指して更新していますので、ぜひコチラもご一読いただけると幸甚です。

よろしくお願いいたします。

ではではー

バス釣り大学-Landscape

最新の授業

  • この記事を書いた人

YoU太郎

バス釣り大学 理事長

-フィネスタックル総合学科

© 2021 バス釣り大学 Powered by AFFINGER5